郵送でのプロミスの申込みについて

Posted: 9月 16th, 2014, by pj

プロミスの申込み方法の一つに、「郵送契約」による申込方法があります。

プロミスの申込み方法の中では、店頭窓口に来店して契約する方法に次いで利用者の少ない方法になりますが、そのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

まず、郵送による契約のメリットとしては、インターネットでの申し込みと同様に、「プロミススタッフと対面する必要がない」点にあります。

キャッシングすること自体は、何も悪い事ではないのですが、借金をすることを悪いことだと考えている人が多いので、抵抗に感じてしまうのかもしれません。

プロミス以外にも新生銀行が運営しているレイクなどもよいかもしれません。レイク|新生銀行カードローン【※お申込み専用窓口】はこちら

この対面する必要がないというメリットに対して、デメリットとしてあげられるものに、「時間がかかる」「書類の記入が大変」「記入ミスが生じる」という問題があります。

書類の受取りや発送などで、最短でも3日間は時間がかかってしまい、即日融資を希望する人にとっては、利用しにくい方法になります。

また、書類に手書きで記入するのも大変ですし、記入ミスで手続きが完了できず、送り返されることも多い方法になります。

インターネットでの申込画面では、入力に不備があったら、その場で指摘されるので、このような問題も生じにくくなっています。

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報